【作業】DYNOJET224xlcが無事到着しました。

こんにちは。
DYNOJET224xlcが無事到着しました。
負荷装置付きシングルローラーシャーシダイナモ
吸収馬力は2000馬力、速度320キロ対応の最新モデルです。
ハブ付油圧型の物が現在国内では主流ですが油圧式にはロードセルがありません。
ロードセル内臓のリターダー式ハブ付ダイノがアメリカで最近出てきてますが
正確なデータ取りの為にはやはり実走と同じ状況を作れる負荷付きローラータイプがベストです。
当社が採用した最新224xlcモデルRTはエンジンベンチの様にトルクセルがリアルタイムで見る事が出来る為
負荷無のダイナモとは違いグラフを何度も出さなくてもベストなセッティングを出す事ができます。
AFセンサーを二個使えるのでV型エンジンの左右バンクを同時に確認でき、OBD2ポートにも対応。
勘だけに頼る事なく状況を数字で確認しながらデータを詰めていけます。
現在設置準備中です。
1112_01.jpg
1112_02.jpg
1112_03.jpg

tag : シャーシダイナモ 現車セッティング

【作業】バッテリー上がりに対応

バッテリーが上がってしまい始動不可能との事で上がって
しまったバッテリーをお預かりしました。かなり放電されており生き返るか心配でしたが......
取りあえずCTEKをつなぎ充電を開始。
一晩置いてバッテリーテスターで容量の確認をします。電圧があってもCCA(容量)が減っているバッテリーは使えません。国産バッテリーにはCCA表示がないので基準値は廉価バッテリーの数字を打ち込みました。
取りあえずの基準は満たしているので、取り付け後、始動電圧テスト、オルタネーターリップルを確認して終了です。
安価なバッテリーなどは新品時から基準CCAを満たしていない物も多く付けたばかりの新品をテスターで測ると要交換と表示される事もあります。多少高くても良いものを選んだ方が無用なトラブルを避けることができると思います。1111_07.jpg
1111_08.jpg

tag : バッテリー

【作業】吸油マットを購入…

当社の事務所兼作業部屋の床はタイル張りなのですが
ピットから戻った際に靴についた汚れがワークベンチ付近に溜まりあまり気持ちの良い環境ではなかったので
吸油マットを敷く事にしました。
マメに掃除はしているのですがタイルに付いた汚れが埃となって舞うような場所での精密作業は嫌なので.........
1ロール25メーターでの販売でしたのでかなり余りましたがある程度の頻度で張り替える事を考えるとお得にも思えます。1111_05.jpg
1111_06.jpg

tag : 現車セッティング

【作業】ピットで使う設備も段々と揃ってきました。

本日はサンドブラスターと洗浄台の設置です。
大型のサンドブラスターなのでエンジンブロックやヘッドなども簡単にはいりそうです。
エンジンチューニングの基本は洗浄にあると当社では考えております。
いくら良い計測器を使用しても部品が汚れていれば、精密に計測することは叶いません。
細かいパーツまでも隅々まで綺麗な状態にすることで、精密な計測、組み付けが出来ます。
凄く地味な作業ですが基本を蔑ろにしてしっかりとした作業は行えません。
もう一台大型の洗浄台を設置予定なのですが置き場所が......レイアウトの変更が必要そうです。1111_01.jpg
1111_02.jpg
1111_03.jpg
1111_04.jpg

tag : 現車セッティング

プロフィール

石黒直樹

Author:石黒直樹
EFIテクノロジックです!!
FC2ブログ始めました(^^)/☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR